>>HOME

翻訳閑話

 ホームページを開設したのには、もう一つ理由がある。

 翻訳の仕事に憧れる若い人は今も昔と変わらず多い。たしかに翻訳は魅力のある仕事だが、それなりに厳しさや難しさもある。私がこの25年間に翻訳を通して経験したり考えたりしたことを書き記せば、これから翻訳を職業とすることをめざす人たちにとって幾ばくか参考になるのではないか。ひいてはそれが日本の翻訳業界のレベルアップにつながるのではないか、と考えたのである。

 もとより勉学途上の身、大上段に翻訳論を語るには能力も経験も不足している。せいぜい仕事のあいまに思いついたことを書くのが関の山だろう。だからタイトルは「翻訳閑話」とした。

 ことさら役立ちそうなことを書こうとは思わない。むしろ<翻訳のスピリット>とでも言うべきものを、いささかでも伝えられたらと思う。

 どのくらいの頻度で書くことになるかは分からない。毎日続けて書くこともあれば、一月も二月も放置しておくかも知れない。そんなきまぐれな私のつぶやきに、誰か翻訳家(翻訳者)ヘの道を歩むヒントを見い出してくれたら幸せである。

(2007年8月5日)

HOMEページの先頭へ